第2位たんぽぽコーヒー(AMOMA)

第1位たんぽぽ茶ブレンド(ティーライフ)

第3位たんぽぽコーヒー極上(たんぽぽ堂)

正しい煎れ方・飲み方

タンポポ茶の飲み方や気になる副作用などについて解説しているページです。ぜひ皆さんチェックしてみてくださいね。

タンポポ茶の飲み方&効果的なタイミング

ぜひ皆さんチェックしてみてくださいね。

タンポポ茶の美味しい飲み方

タンポポ茶は、ティーパックになっているタイプがほとんどです。
ティーパックを熱湯に浸し、飲み頃になるまで待ってからよく振り出して飲みましょう。

(美味しい煎れ方・飲み方などは商品によっても違うので、パッケージの裏などをよく読んで正しく飲みましょうね。)

ちなみにアイス茶として飲みたいという場合は、少し濃いめのホット茶を作っておいて、最後に氷を入れて飲むのがオススメです!

ホットで作ったものを、そのまま冷蔵庫で冷やして飲んでも美味しく頂けますよ♪
また、タンポポコーヒーの場合は、ミルクや豆乳などを入れてラテ風に飲む人も多いようですよ。味がまろやかになって、飲みやすくなるそうです。

やさしい味が好きな方など、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう♪ 

飲むタイミング

当サイトの管理人はベビー待ちの期間、毎朝・毎晩の1日2回、食事と一緒に飲んでいました。

タンポポ茶は不妊に効果があると言われているので、管理人と同じように妊娠希望中の女性が飲んでいるというケースは多いですよね!
そして赤ちゃんが産まれた今でも、“母乳に効果的”と言われているのでずっと飲み続けています。(産後ダイエットにも効果があるようですし♪) 

やっぱり効果を実感するには継続が大事だと思うので、

妊娠前から継続して飲み続け、産まれてくる赤ちゃんのために元気な身体と母乳を作っておく…そんな感じで始める方が多いのではないでしょうか?

ちなみに、女性ホルモンのバランスを整えてくれる働きもあるそうなので、生理痛が辛いという人や生理不順・更年期障害を改善したいという人なども、ぜひ始めてみてはいかがでしょう?

飲み方アレンジ

たんぽぽ茶とはちみつ、または黒糖

たんぽぽ茶とはちみつはとても相性が良く、はちみつの甘味とたんぽぽ茶の香ばしさが意外にマッチ!

入れる量は調節が必要ですが、ほんのりとした甘さをいつものたんぽぽ茶に加えることができます。

また、ホットで飲むことでリラックス効果が絶大になります。

たんぽぽ茶と豆乳

ざっくりいうとお茶っぽいラテの味です!たんぽぽ茶の血流を促す効果と女性ホルモンに良いとされる豆乳のイソフラボンで、味も栄養もベストな組み合わせです。

たんぽぽ茶は普段よりも眺めに煎じた方が味がしっかりミックスされて美味しいです。

気になるタンポポ茶の副作用は…?

タンポポ茶はノンカフェインなので妊娠中や授乳中のママでも安心ですし、これといった副作用もないようです。

あえて挙げるならば、利尿作用があるので、トイレの回数が増える…ということぐらいでしょうか?

しかしこれも、身体の中の不要な老廃物を排出してくれる作用なので、むしろ嬉しいデトックス効果とも言えますよね。(むくみの解消にもつながります♪)

あとは、血圧を下げてくれる働きがあるようなので、低血圧症の方には不向きな場合もある…ということも挙げられるのでしょうか。

気になる方は、販売元にしっかり確認してくださいね。

一日に何杯まで飲んで大丈夫?

好きな時に好きなだけ飲んで問題ありません。

あえて挙げるならば、利尿作用があるので、トイレの回数が増える…ということぐらいでしょうか?

鉄分やレシチンなどを含むたんぽぽ茶を飲むことで血流が良くなるといわれているので、複数回に分けて飲むと持続的に血の流れを促進してくれます。デメリットとしては、たんぽぽ茶には利尿作用があるのでトイレの回数が増えることがあげられます。

またたんぽぽ茶はコリンという成分が含まれており高血圧の人に向けてハーブと混ぜて飲まれることもあります。

そのため低血圧の方は飲みすぎると体調がおかしくなるかもしれません。