第2位たんぽぽコーヒー(AMOMA)

第1位たんぽぽ茶ブレンド(ティーライフ)

第3位たんぽぽコーヒー極上(たんぽぽ堂)

たんぽぽ茶に含まれる栄養素

たんぽぽ茶が体に良いとわかっているものの、具体的にどのような成分が含まれているのか、なぜ体に良いのか理解していない方も多いのではないでしょうか。そこで、たんぽぽ茶に含まれる栄養素についてご紹介します。

たんぽぽ茶に含まれている栄養素

  • ルテイン

ルテインといえば、目に効果的な成分として知られています。近年問題になっているブルーライトをカットする効果もあり、サプリなどで取り入れる方も増えてきました。

妊娠中や産後は妙に目が疲れやすいと感じている方も多いはず。ルテインは強力な抗酸化作用を持っており、天然のサングラスとまで呼ばれています。有害な光を浴びると活性酸素が発生するのですが、ルテインは発生する活性酸素を抑える働きを持っているのです。

産後はできるだけ目を休ませることが大切だといわれていますが、赤ちゃんのお世話をしなければならないのでなかなかそれもできませんよね。ルテインが含まれるたんぽぽ茶を取り入れるなどして目をいたわりましょう。

  • レシチン

健康な母乳を作るためには血行が良い状態を目指さなければなりません。ですが、女性の中には冷えに悩んでいる方も多いですよね。

レシチンには冷えを改善する効果があるため、授乳中の時期は積極的に取り入れたい栄養素です。また、体脂肪を減らす効果も期待できるので、産後太り解消にも役立ってくれるでしょう。

  • ビオラキサンチン

ルテインと同じく、目の働きを良くする効果を持った栄養素です。

  • ビタミンA

ビタミンAは脂溶性のビタミンの一種です。健康的な皮膚を作るためにも欠かせない役割を持っており、肌の乾燥も防ぎます。普段から乾燥肌の症状を実感している方はビタミンA不足についても疑ってみましょう。

  • ビタミンB群

美容と健康を維持するために欠かせない栄養素として知られているのがビタミンB群です。ビタミンAとは違って水溶性のビタミンのことで、代謝に関する働きを持っています。

疲労回復効果も持っているため、妊娠中や産後の疲れた体をいたわるのにも役立ってくれる要素だといえるでしょう。神経の働きを抑える効果もあるので、何となく気分がイライラしがちな方にもぜひ取り入れてほしい栄養素です。

  • ビタミンC

ビタミンCといえば美容のことを考えた際にはぜひとも取り入れたい栄養素として有名です。女性はホルモンバランスが変化しやすく、肌荒れに悩むことも多いですよね。そういったときにもビタミンCが肌の状態を改善するのに効果的です。

強い抗酸化作用を持っており、体内の活性酸素を除去するのにも役立ちます。

  • ビタミンD

脂溶性のビタミンです。健康的な骨や母乳を作るためにはカルシウムが欠かせないのですが、体内でビタミンDが不足するとカルシウムの吸収率が弱くなってしまいます。カルシウムだけでなく、ビタミンDもバランスよく取り入れましょう。

  • タラキサンシン

タンポポに含まれている苦味成分のことです。母乳の分泌を促進する働きがあるだけでなく、乳腺炎の予防にも効果的なので産後もたんぽぽ茶を取り入れてみましょう。

  • タラキサステロール

たんぽぽ茶が母乳の出を良くすると言われているのには、このタラキサステロールの働きがあります。たんぽぽの根っこを折ると白い液体が出ますが、この液体に催乳効果があるとされ、母乳の質を高めたり、出を良くすると言われています。

  • イヌリン

腸を整える効果があります。水分を吸収して胃の中で膨らむ特徴を持っており、血糖値の上昇を防ぐ効果があります。ダイエット成分とも呼ばれており、妊娠中の体重管理にも効果を発揮します。

老廃物を排出させる役割もあり、便秘解消にも役立つ栄養素です。便秘が解消できればデトックス効果なども期待できるため、上記の特徴も踏まえてダイエットのために取り入れている方もいます。

  • コリン

脂肪を燃焼させる効果を持っているため、イヌリンと同じくダイエット中の方からも注目されている栄養素です。また、脂肪が付きにくい体質へと導く効果もあるため、産後太りの解消などにも役立てられるでしょう。

  • クマリン

抗酸化作用がある成分です。むくみを防止する効果があり、ポリフェノールの一種として分類されます。

このように、たんぽぽ茶には実に様々な栄養素が含まれています。それぞれの栄養素を一つずつ摂取していこうと思ったら大変なことなので、たんぽぽ茶で効率よく取り入れてみてくださいね。