第2位たんぽぽコーヒー(AMOMA)

第1位たんぽぽ茶ブレンド(ティーライフ)

第3位たんぽぽコーヒー極上(たんぽぽ堂)

家庭でもできるたんぽぽ茶の作り方

体に優しく健康にいいとされているたんぽぽ茶を、自宅で作る方法を調べて紹介しているページです。

たんぽぽ茶のためのたんぽぽの採取法

たんぽぽ茶に使うたんぽぽは、どんなものでもいいのでしょうか。
せっかく集めたたんぽぽですが、実はお茶にするにはちょっと心配なものもあるのです。

そこで、たんぽぽ茶を自分で作る際に知っておきたいたんぽぽの集め方や選び方を説明します。

  • たんぽぽの種類…たんぽぽには、西洋たんぽぽと日本たんぽぽがあります。 春先に咲くのは主に日本たんぽぽ、温度などの環境が整えば通年を通して咲くのが西洋たんぽぽです。たんぽぽ茶の材料としては、どちらも変わりありません。
  • 採取する時期…たんぽぽ茶は、たんぽぽの根から作ります。そのため、根に一番栄養が集まっている時期が採取に適しています。日本たんぽぽは、花が咲く直前の頃一番根が太っていますので、この時期がいいでしょう。また、西洋たんぽぽは、花が咲く時期がオススメです。
  • 採取する場所…たんぽぽはさまざまなところで目にします。探しようによってはいくらでも見つかりそうですが、口にするものなので安全なもの、清潔なものがいいですよね。例えば公園や河川敷などは、市や県によって管理されているため農薬が散布されていたり犬や猫の糞尿がかかっていることがあります。ですから、あまり人の出入りのないところなど採取する場所を選別した方がよさそうです。

たんぽぽ茶の作り方

たんぽぽ茶の作り方を紹介していきます。

    1.たんぽぽの根を傷つけないよう掘り起こします。たんぽぽの根は真っ直ぐ下に伸びるので、意外に掘るのは大変です。
    2.きれいに泥を洗い落とし、2~3㎝程度にカットして天日干しで半月程度乾燥します。
    3.乾燥したたんぽぽの根を厚手の鍋などで弱火にかけ、しっかりと煎ります。
    4.煎ったたんぽぽの根をミキサーで粗目に砕きます。(コーヒー豆の粗びきくらい)
    5.ペーパーフィルターなどでドリップする要領でお茶を入れます。ミルクや砂糖を入れてもOK。ティーパックで紅茶のように入れてもおいしいです。この場合、薄目に抽出されます。※残ったたんぽぽの根は、瓶などに密封して保存します。

自宅で作るのは意外に大変

手作りのナチュラルティー作りって、なんだか憧れますね。

たんぽぽはどこでも目にするものですが、いざ材料を集めようと思うと意外に大変なものです。たんぽぽの根には、真っ直ぐ下に伸びていく性質が。

そのため、傷を付けないよう掘り出すのはとても大変。しっかりとしたスコップで深く掘る必要があるのです。
また、少量だとお茶として使うには足りないので量も必要です。

でも、近くの公園や川原などは安心して飲めるたんぽぽとはいえません。除草剤などの薬剤が定期的に散布されていたり、散歩するペットの格好のトイレとなっている場所もあります。
いくらきれいに洗ってもやはり口に入れるには抵抗がありますね。

そう考えると、きちんと管理されて作られたたんぽぽ茶を購入して飲む方が安心できるといえます。

1,000円以内でお試しできるたんぽぽ茶リスト→