第2位たんぽぽコーヒー(AMOMA)

第1位たんぽぽ茶ブレンド(ティーライフ)

第3位たんぽぽコーヒー極上(たんぽぽ堂)

国産と外国産で、たんぽぽ茶はどう違う?

たんぽぽ茶

外国産のたんぽぽ茶は国産のものと比べて安価ですが、外国で製造加工されたものは日本の食品衛生基準を満たしていない場合があります。

その点、国産のたんぽぽ茶は安心で安全なだけでなく、より美味しく飲めるように工夫を凝らしてあります。

外国産のたんぽぽ茶の特徴

外国産のたんぽぽ茶は国産よりも安価

日本のたんぽぽと海外のたんぽぽでは外国産の方が安く手に入れることができます。

原料となるたんぽぽの値段が異なり、生産工程でのコストも関係しています。

製造工程の状態が確認できない

外国産のたんぽぽ茶でも、日本国内で製造加工されているものであれば品質面ではあまり心配はいらないでしょう。

しかし、加工までの全工程を外国で行っている場合は少々不安が残りますね。

食品に関する安全基準は日本と異なり、どのような環境下で製造加工されているかを確かめる手段がないためです。

大気汚染の影響を受けている可能性も考えられる

生産場所にもよりますが、外国では、日本では考えられないようなレベルの大気汚染が問題になっている地域があります。

たんぽぽ茶の原料であるたんぽぽも、その影響を受けていないとは限りません。

品質の基準値を満たさない場合には海外への輸出が認められない国もありますが、前述の通り製造加工までを外国で行っている場合は、原料の品質レベルが一切うかがえないということになります。

国産のたんぽぽ茶の特徴

妊娠中の女性や母乳で子育て中の方にとっては、たんぽぽの品質基準が安全なものかどうかが気がかりな方も多いでしょう。ここからは、国産たんぽぽ茶の特徴をご紹介します。

国産のたんぽぽ茶は高レベルの安全基準を満たしている

日本では、国内外の生産地に関わらず必ず残留農薬検査がされています。この厳しい基準を満たしていないたんぽぽは、お茶として加工販売することができません。[注1]

品質面での安全性を選ぶならば、国産のたんぽぽを使った商品や、外国産のたんぽぽを国内で製造加工したものが良いでしょう。

[注1]厚生労働省:食品中の残留農薬等

国産のたんぽぽ茶は美味しく、栄養価が高い

国産のたんぽぽ茶は、美味しく飲めるようにたくさんの工夫がされています。

例えば、素材になるたんぽぽの産地を限定し、熟練の製造者によって丁寧に焙煎加工するなど、美味しさにこだわって製造されています。

さらには、たんぽぽ以外の素材にもこだわる銘柄もあります。

美味しくてお手頃な価格のたんぽぽ茶を販売する静岡県の「ティーライフ」では、国内加工の安全なたんぽぽ茶に北海道産の黒豆と沖縄産のマメ科植物をブレンドしています。

たんぽぽと一緒に黒豆を焙煎することでよりマイルドな味わいになり、大豆イソフラボンやサポニンなど、女性に嬉しい栄養素も豊富に含んだたんぽぽ茶になっています。

ティーライフのたんぽぽ茶は、母乳で育児中のお母さんたちにも好評です。

沖縄のマメ科植物を配合することによって、母乳に欠かせないカルシウムや女性に不足しがちな鉄分を含んだ健康醗酵茶に仕上がっています。

今日ではたくさんの銘柄のたんぽぽ茶が販売されていますが、ティーライフのたんぽぽ茶は「品質の高さ・味の良さ・続けやすい価格設定」を実現する高品質な国産たんぽぽ茶としておすすめです。

体に直接摂り込む食品や飲料は、値段にとらわれず品質の良いものを選びたいですね。