第2位たんぽぽコーヒー(AMOMA)

第1位たんぽぽ茶ブレンド(ティーライフ)

第3位たんぽぽコーヒー極上(たんぽぽ堂)

「たんぽぽ茶」と「たんぽぽコーヒー」の違い  

たんぽぽ茶を検討した際に、たんぽぽコーヒーというものがあることを知り、どちらが良いのか悩んでしまった方もいるかもしれません。そこで、それぞれの特徴についてご紹介します。

たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーの違いは?

どちらもたんぽぽを使っている点は同じです。違いとして挙げられるのが、使われている部位に関すること。

一般的にたんぽぽ茶として発売されている商品はたんぽぽの根や茎、葉を使って作られています。一方、たんぽぽコーヒーとして発売されている商品はたんぽぽの根のみを使っている傾向が強いです。 ただ、メーカーによって分類は異なり、根や茎、葉を使っているものをたんぽぽコーヒーとして発売していることもあります。そのため、たんぽぽコーヒーとして販売されているものに必ずしも茎、葉が使われていないわけではありません。このあたりは勘違いしないようにしておきましょう。

得られる効果の違い

どちらの場合もたんぽぽを使っているため、成分や得られる効果もほとんど同じです。 たんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーを飲むことで摂取できる栄養素はたくさんあり、代表的なのがルテインやレシチン、ビオラキサンチン、ビタミン類などとなっています。

あえて成分の違いを挙げるとすれば、たんぽぽに含まれているカリウムは葉に最も多く含まれているということ。カリウムは利尿作用を持った成分でもあるため、むくみに悩んでいる方などに向いています。たんぽぽコーヒーに使われている根にもカリウムは含まれていますが、利尿作用を期待してたんぽぽコーヒーを取り入れたいと思っているのであれば、葉を使っている商品を選択した方が高い効果が得られるでしょう。

といっても、それほど大きな違いがあるわけではないので、たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーを選ぶ際には自分の好みを重視するのもおすすめです。

味の違い

これはその名の通り、たんぽぽ茶はお茶のような味わいが強く、たんぽぽコーヒーはコーヒーのような味わいが強い商品が多いです。 たんぽぽの場合は乾燥させた根や茎、葉を煎じて飲むのに対し、たんぽぽコーヒーは根を炒め、それをコーヒーと同じようにフィルターなどで濾して飲むのが一般的となっています。

妊娠中はカフェインを避けなければなりませんよね。ですが、普段からコーヒーをたくさん飲んでいた方からすると、妊娠したからといってすぐにコーヒーを断つのはなかなか難しいのではないでしょうか。 そういった時にはコーヒーのような味わいが楽しめるたんぽぽコーヒーが活躍してくれます。ミルクなどとの相性も良いため、本物のコーヒーと同じように楽しむことも可能です。

商品名に「コーヒー」と入っていると、たんぽぽの成分にコーヒーが加えられているようなイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。コーヒーと名がついていてもカフェインが含まれているわけではないので安心ですね。 もともと、妊娠中にカフェインが取れないのはわかっているけれど、どうしてもコーヒーが飲みたい…と悩んでいる女性が多いこともあり、コーヒーの代わりとしてたんぽぽコーヒーを選択する方も多いようです。 どちらかというと味が深いのがコーヒータイプ、あっさりしているのがお茶タイプだといえるでしょう。普段から水分補給のために飲むのにはお茶タイプの方が適しています。

まとめると、たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーで成分に大きな違いがあるわけではありません。女性にとって嬉しい栄養素はどちらにも含まれています。 カフェインも含まれていないので毎日の水分補給にぴったりです。毎日飲むことを考えると、自分にとって飲みやすいもの、おいしいと感じられるものを選択することが重要になってくるでしょう。