第2位たんぽぽコーヒー(AMOMA)

第1位たんぽぽ茶ブレンド(ティーライフ)

第3位たんぽぽコーヒー極上(たんぽぽ堂)

たんぽぽ茶で便秘解消できるって本当?

血の巡りを良くし、母乳をスムーズに出す為の助けをしたり、むくみを取り、冷え性にも効果的と言われているたんぽぽ茶ですが、実は便秘にも嬉しい効果を発揮してくれます。その驚きの成分や効果を紹介していきたいと思います。

たんぽぽ茶が便秘に良い理由

便秘の主な原因は食物繊維の不足や腸内の水分不足によって便が硬くなることで起きることがほとんど。長いことトイレに座っているのになかなか出てくれない便秘にイライラ。そんな経験ありませんか。

特に妊婦さんはトイレでいきむことができず便秘になりやすい為、注意が必要と言われています。便秘を放っておくとひどい時には切れ痔になってしまうなんてことも。

たんぽぽ茶は、水に溶けやすい豊富なミネラルや食物繊維をお茶という形で気軽に水分として摂取できるので、性別や年齢に問わず長いこと便秘に悩んでいる人に最適な飲み物と言えるでしょう。

便秘になるとトイレに行った時にお腹が苦しい、肌が荒れて身体もむくみ、体調が悪いなどいいことがありません。
そんな時、腸の中では栄養を吸収し終えた、必要ない老廃物が体外へ出ようとしているものが無理やり、腸の中に留められていることで、身体に悪影響を及ぼしています。

妊娠中に産婦人科で妊婦さんは他の人に比べて便秘になりやすく、放っておくと痔になるなど、悪化すると大変なことになることから、食事に十分注意をするようにと言われた方も多いのではないでしょうか。

出産をようやく終えても赤ちゃんの側をなかなか離れることができず、ついついトイレに入ってもすぐに出てきてしまい、便秘になってしまった。毎日の授乳で知らない間に水分がどんどん出て行ってしまい、なんだか以前に比べて便が硬くなってしまった気がする、という声も聞かれます。

便秘に効くたんぽぽ茶の成分とは

たんぽぽ茶には便秘に悩む人に嬉しい食物繊維だけでなく、他にも便を出やすくする自然由来の成分を手軽にお茶で摂取することができます。

ここからはたんぽぽ茶に含まれる辛い便秘を撃退してくれる成分を紹介していきます。

食物繊維(イヌリン)

いつもより便秘に気をつけたい時期、水分と一緒に食物繊維などの便を柔らかくする成分を豊富に含んだたんぽぽ茶を妊娠中、出産後に病院で勧められるのも理にかなっていると言えるでしょう。

食物繊維が便秘改善の強い味方というのは誰もがご存知だと思います。

実は食品に含まれる食物繊維には2種類あって不溶性食物繊維と水溶性食物繊維といい、不溶性食物繊維も便秘解消に大切ですが、水などの水分に溶けづらい為、食品として沢山摂取することが難しいといった特徴があります。

イヌリンの効果・1

たんぽぽ茶に含まれるのはたんぽぽの根っこに多く含まれる水溶性食物繊維の「イヌリン」という成分で、水に溶けやすいのでお茶などと一緒に手軽に摂取することに適しており、腸の働きを助けて固い便を柔らかくしてくれるので便秘の方は是非、取り入れたい成分ですね。

イヌリンの効果・2

イヌリンには便を柔らかくして排便を助けるだけでなく、腸の消化吸収を助け、便を身体の外に押し出す収縮運動を促す働きもしてくれます。また、イヌリンは身体の中に入ると腸の中で発酵分解されてフラグオリゴ糖へと変化します。このフラグオリゴ糖が善玉菌のエサとなり、腸内で善玉菌の数が増殖します。

便秘になりやすい人の身体の中は悪玉菌の数が善玉菌より上回ることによって腸内環境が乱れ、便に水分や繊維が行き届かなくなっている状態です。

たんぽぽ茶を飲むことでイヌリンを善玉菌に食べさせて、数を増やし腸内で活発に活動させることで腸内環境を整え、新たに便秘がしにくい身体へ導いてくれます。

イヌリンの効果・3

また、イヌリンは排便に必要な便を軟化させるミネラルの吸収を助けてくれる働きもするので、今、便秘で悩んでいる方も上手に取り入れることで固い便で苦しい思いをせずに済むようになるかもしれません。

たんぽぽ茶には利尿効果があることで有名なカリウムも含まれており、むくみとりとしても優秀ですが実はカリウムに血液の循環を助ける他にも、便の水分を増幅させ、固い便を柔らかくしてくれる嬉しい効果もあります。

イヌリンとカリウムで腸内環境や肝臓の動きを助けることができるので、身体の中の老廃物を出すには大変、適していると言えます。

たんぽぽの成分!タラキサステロールとは

便秘に効く成分として「タラキサステロール」という腸内に留まりコレステロールの吸収を抑制してくれる成分も含まれており、この成分はたんぽぽの茎や根っこの部分をおった際に出てくる白い粘膜に含まれています。

この成分はコレステロールを下げるだけでなく、腸内環境を整えてくれる上にリラックス効果も期待できるので、なかなか出ない便秘に困っているという人にも嬉しい成分ですね。

便秘の原因

便秘の原因は主に腸内環境の善玉菌の減少、食物繊維の不足、水分不足、ストレスなど様々です。

便が出ないことによって食欲が減少したりする為、さらに健康な便が出なくなる悪循環にもつながります。腸は心の変化を敏感に感じ取ってしまい、ストレスで便秘になってしまう人も。

特に女性は便秘になりやすく、腹筋が弱い為、便を腸の中で溜めてしまう傾向があります。また、女性ホルモンが腸の働きを弱めてしまうことも一つの原因と言えます。

便秘に悩む女性はどのくらいいる?

男性に比べ、女性の方が便秘になりやすいといった印象があります。
実際に統計を取ってみても、女性の70%以上が便秘に悩んでいるといったデータが出ています。

世代別に見ても若年層から高齢者まで男性より女性の方が便秘の症状を訴える傾向があるようです。日頃から頑固な便秘で毎日苦しいといった声は全体の割合から見ればやや少なくなりますが、それでも定期的に便秘で苦しい思いをしている人は全体の半数以上でした。

これは環境や女性ならではの生活習慣、身体の周期に合わせて腸の状態が悪化し、排便が滞るなど便秘体質が癖になってしまっていることが原因ではないかと思われます。

また、若い世代に多く見られる傾向として、会社や学校でトイレに行くのが恥ずかしく、便意が来ても途中で排泄を中断してしまう、我慢してしまうなど、周りを気にする心理的な影響もみられます。

さらに、いざ排便をしようとしていきみすぎると、便が膣側へと押しやられてしまうことがあります。これは直腸瘤といい、30代から60代の妊娠や出産を経験した女性に多く見られます。

すべての世代の女性にとって注意が必要な便秘。なぜ、男性に比べて女性が多くなる傾向にあるのでしょうか。その原因と女性ならではの体質についても紐解いていきましょう。

なぜ女性が便秘になりやすいのか

女性は男性に比べてお腹の筋肉量が少ないことから、排便を助ける腸の蠕動が弱く、胃下垂や内臓下垂が起こり、腸が他の臓器に圧迫されることで便秘になりやすいと言われています。

また、若い世代に多く見られるのが、無理なダイエットによる栄養の偏りによって便に必要な栄養不足を自ら招いてしまう傾向です。

ダイエットによって食事量が減ることによって普段、食品から摂取していた水分も減ってしまうことから、知らないうちに排便に必要な水分が足りなくなってしまいます。

太ることを気にして生野菜だけしか取らない生活をしていると、腸が冷やされて動きが鈍くなってしまう為、結果的に便秘になってしまうこともあるのです。

年齢に関係なく女性ホルモンの働きも便秘になる大きな原因の一つと言われています。

排卵期から生理前まで女性の身体では黄体ホルモンという女性ホルモンが分泌されます。その時期、女性の身体の中では卵子を身体の外に出してしまわないように、子宮の筋肉の動きを抑える働きをします。それに伴って大腸の動きまで低下させてしまうのです。

また、排便に必要な水分を卵子の為に使ってしまうことから、黄体ホルモンが分泌される時期、腸の中は水分不足によって便秘になりやすい環境に変化しているとも考えられます。

たんぽぽ茶の口コミをチェック

ここではたんぽぽ茶の便秘改善効果を感じた方々の声を紹介していきたいと思います。

  • 妊娠を希望している時期にたんぽぽ茶に出会いました。
    飲み始めてしばらくして赤ちゃんができたことがわかり、妊娠・授乳中でも問題なく飲めることから続けることにしました。今までは便秘気味だったのですが、たんぽぽ茶を飲んでからは毎日のお通じが出やすくなったと感じています。
  • 継続してずっと飲んでいます。
    たんぽぽ茶は冷え性や睡眠不足への効果を期待して飲み始めましたが、便秘にも効果があったようで、以前に比べて便秘でお腹がはったりすることがなくなりました。
  • 産婦人科で頂いたことをきっかけにたんぽぽ茶を知りました。
    便秘や母乳に良いということで飲んでみましたが、毎日お通じがあるので効果を実感しています。
  • ハーブティーは以前から好きで。
    ハーブティーは以前から好きでよく飲んでいたのですが、たんぽぽ茶に便秘解消や肝機能向上があると知り、気になって飲んでみました。最初は少し苦いと感じましたが、だんだんと慣れて、今では美味しく飲めています。たんぽぽ茶を飲んでからは今までなんとなく物足りなさを感じていたお通じがすっきりと出るようになりました。
  • 赤ちゃんに飲ませる母乳のことを考えて始めました。
    今までかなり便秘気味だったのが改善されているので、3年ほど愛飲しています。