第2位たんぽぽコーヒー(AMOMA)

第1位たんぽぽ茶ブレンド(ティーライフ)

第3位たんぽぽコーヒー極上(たんぽぽ堂)

たんぽぽ茶の冷えとり効果

たんぽぽ茶の効能の一つには女性に嬉しい「冷えとり効果」があることはご存知でしょうか。ここでは冷え性に効くたんぽぽ茶の成分やその働きを紹介していきます。

普段から手足や指先が寒くて辛い!と思っている方は必見です。

たんぽぽ茶と冷え性の関係

女性が悩む様々な体の問題にたんぽぽ茶がいいと言われている理由として、一つに「冷えとり」の効果があるということも大きいのではないかと思います。たんぽぽ茶の成分が全身の血の巡りを整え、根本から冷えづらい体作りを助けてくれるので、冷えに悩む女性には見逃せない嬉しい効果があります。

女性が男性に比べて冷え性になりやすいのは、生理などで血液が定期的に体の外に出て行ってしまう事や、妊娠中や出産後も母乳などの素になる血液が体外へ出て行ってしまう事、また栄養を十分に取らないで食事制限をする無理なダイエットも大きな原因の一つです。
これらの要因から貧血は誰もが最もかかりやすい女性疾患の一つと言えるでしょう。

体温が元々低いといった体質の人もいますが、冷え性の原因のほとんどは体の中の水分の滞りや日々の生活で鉄分が失われるなどに加え、体の衰えなどによって血行不良や毎日の生活に必要な栄養素が十分に補えていない事で起こっています。
また、仕事などで忙しく、外食が増える事により食事から本来、補う事のできる鉄分を十分に取れていない男性も増えてきています。近年、冷え性は多くの人を悩ませる現代病の一つなのです。

たんぽぽ茶が冷え性に良い理由

たんぽぽ茶には冷え性の原因となる、体に不要になった毒素や、余分な水分を体外へ排出する高いデトックス効果があります。また、要らなくなった老廃物を流し出す手伝いをするだけでなく、血の巡りを良くして新たに新鮮な血液を作り出す助けをする成分が豊富に含まれています。

若い時はそこまで感じなかったのに、妊娠、出産を経て体が冷えやすく変化してしまうなんて声もよく聞かれます。特に体の冷えに効くたんぽぽ茶の主な成分には、鉄分やたんぽぽT-1などがあります。

冷え性に効くたんぽぽ茶の成分とは

鉄分

鉄分は体の中の隅々まで酸素を運ぶための大切な役割を負っているので鉄分が不足してしまうと、新陳代謝が乱れ、血行不良による冷えが起こります。

その結果、冬場でなくても手足が冷えたり、顔色が悪くくすんで見えたり、疲れやすくなるなど体の様々な部分に影響を及ぼします。

冷え性を根本的に解決する為には一時的にお風呂や靴下を履いて眠るなど部分的に外から温めるより、必要な鉄分やミネラルを効果的に取り入れ、体の内側から体質改善をする必要があります。

鉄分はご存知の通り、血液を作り出すのになくてはならない成分ですが、食事で1日に必要な摂取量を補うことは以外と難しく、さらに妊娠中や授乳中のお母さんたちは赤ちゃんに血液を素にして栄養を送り続ける必要があるのでどうしても鉄分不足に陥りやすくなってしまいます。

実は貧血の主な原因は血液そのものが足りないからと思われがちですが、実際は血の量が減少して起こってしまうというよりは体内の鉄分量が不足している事で貧血となる事が約8割と言われています。

理想的な1日に摂取すべき鉄分量は約10gと言われており、忙しい現代社会で食事だけでこの量を補うのは難しく、サプリメントはたくさん種類がありすぎて、正直どれを選んだら良質な鉄分が取れるのか、と悩む方も多いのではないでしょうか。

その点ではたんぽぽ茶は自然由来の良質な鉄分やミネラルが豊富に含まれている上に、毎日飲むお茶に置き換えるだけで手軽に摂取する事ができるので是非、お勧めしたい飲料です。

たんぽぽT-1

豊富な鉄分と同時に配合されているたんぽぽT-1も毛細血管に血液を行き渡らせる助けをしてくれます。また、ビタミンB2、ビタミンC、カリウムやミネラルも取れるので血行不良の冷えに悩む方には最適と言えます。

たんぽぽが効く冷え・効かない冷え

ここで注意しなければならないことも。たんぽぽ茶は体内の血液の循環を改善する助けをし、血を体の隅々まで行き渡らせることができるので一見、すべての冷え性に悩む方に効果があるように聞こえますが、実はたんぽぽには漢方学的に見ると逆の効果も指摘されており、寒涼の性質から体の熱を冷まし、熱性の症状を抑え、興奮状態を鎮める役割もあるので、体質的に体温が低い方や低血圧の症状が慢性的にある方は気をつけて飲用する必要が有ります。

場合によっては冷え性を進めてしまうのではないかと飲料する際に慎重になってしまいがちですが、鉄分不足や血行不良、老廃物の詰まりを流し、全身の血を巡らせることで改善できる冷え性には効果があるので、身体がむくみやすく、鉄分が食事で十分に取れていないと感じているようでしたら、ご自分の体質に合わせて賢く取り入れる事で冷え性の解消が期待できます。

冷え性の原因

特に女性が冷え性を自覚していることが多く、新陳代謝の衰えや毎月の月経によって定期的に血液が失われること、さらには妊娠中や授乳中であるなど、その原因は様々です。
年齢が比較的に若くて新陳代謝が活発であっても無理なダイエットや薄着で過ごすなどの生活習慣によって、冷え性を呼び起こす原因を作ってしまう事もあります。

また、寒い環境において脂肪は身体を冷やす保冷剤のような役割をすることから、男性より女性の方が体質的にも冷え性になりやすいと考えられています。

冷え性に悩む女性はどのくらいいる?

女性の約80%が「自分は冷え性だ」と感じているというデータが出ています。

若い頃にはあまり実感した事がなかったという人でも、自分の周りの友人や母親が冷え性に苦しんでいたという印象を持つ方は多いのではないでしょうか。

冷え性で辛いのは手の先、足の先が冷えて、「夜眠れない」などといった症状の他に、むくみやすくなる、肩こりや頭痛に悩まされる、めまいや便秘など取り上げればきりがないほど。

冷えは万病の元と言われているように、放っておけば自律神経の乱れや不妊など大変な結果になってしまうこともあります。
特に女性はどの年代でも、誰にでも起こりえる症状の一つです。女性の身体の性質上、常に冷え性と隣り合わせであると考えても大袈裟ではないでしょう。

なぜ女性が冷え性になりやすいのか

近年、男性の約40%も冷え性に悩まされているというデータが出ており、その数字の多さに驚きますが、それでもやはり女性の方が男性に比べ、圧倒的に冷え性にかかる割合が多いことから、女性は身体作りや性質によって冷え性に陥りやすいと考えられます。

身体の作りを単純に見ても、男性に比べ女性の方が身体に付く筋肉が少なく、脂肪が多いといった特徴があります。脂肪は外気によって冷やされるとすぐに冷たくなり、全身の脂肪が冷える事によって身体の内側まで冷やしてしまうやっかいな特徴があります。

女性の体に脂肪が多い事から季節などに影響を受けやすく、冬場になると冷えを訴える女性が多いのもこの為でしょう。

女性器のつくりも女性が冷え性になりやすい大きな要因と考えられています。生理によって鉄分が毎月一定量失われ、体内の水分が滞りやすくなる事でむくみやすくなり、代謝に悪影響を及ぼすことや、女性の方が男性に比べて腹腔のシステムが複雑な事から血流がスムーズではないこと。

また、排卵などで起こる女性ホルモンが原因で体温の上がる時期と下がる時期を定期的に繰り返すなど、常に変化し続ける身体の特徴があることから、冷え性は女性である以上、避けて通るのが難しい症状とも言えます。

たんぽぽ茶の口コミをチェック

女性特有の冷えに効果を発揮すると評判の「たんぽぽ茶」。
実際に愛用している方の声を聞いてみました。ご自身の冷えのタイプと比べて是非、参考にしてみてください。

  • コーヒーが大好きで愛飲していましたが、長いこと冷え性に悩んでいて友人に相談したところ、冷え性にはカフェインは良くないと指摘され、たんぽぽ茶に切り変えてみることにしました。
    コーヒー風味で美味しいので我慢せず続けています。
    手先の冷えも飲み始めてから一ヶ月ほどで改善されました!
  • 妊娠中に病院で紹介されて初めてたんぽぽ茶を知りました。
    たんぽぽ茶は食べ物の味も邪魔しないし、飲んでしばらく経った頃からずっと悩んでいた手足の冷えも感じなくなってきて、以前より安眠できるようになりました。妊娠中はもちろん、断乳した今でも続けています。
  • ノンカフェインなので時間に関係なくいつでも飲めるし、飲み始めてから利尿効果があるからなのか、むくみもなくなってスッキリとしています。
    血の巡りを良くしてくれるそうなので、体の冷えに悩んでいる方は一度試してみてもいいのではないでしょうか。
  • もともとひどい冷え性で、冬場になると指先が痛くて思うように動かなかったりしてかなり辛かったです。
    たんぽぽ茶を飲んだ後は体がポカポカして、手足の感覚が軽くなりました!
    もう一つ、意外だったのは顔色がパッと明るくなったことです。ずっと悩んでいた冷え性を驚くほど改善してくれました。