第2位たんぽぽコーヒー(AMOMA)

第1位たんぽぽ茶ブレンド(ティーライフ)

第3位たんぽぽコーヒー極上(たんぽぽ堂)

母乳不足

たんぽぽ茶が「母乳不足」に効果を期待できる理由や、その効能を実感した人の口コミを紹介しているページです。母乳不足で悩んでいるという方、たんぽぽ茶の効能について詳しく知りたいという方など、ぜひ参考にしてくださいね。

たんぽぽ茶が母乳の悩みに働く理由

「たんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーを飲むと母乳の出が良くなる」と聞いたことはありませんか?

たんぽぽ茶が母乳に対して効能を発揮する理由は、たんぽぽの根っこに含まれる「苦味成分」に秘密があります。根っこ部分に含まれる有効成分には肝臓の働きを助け、血中のコレステロールを下げて血液の流れを良くする働きがあるため、血液を原料とする母乳の質が改善されるのです。さらにたんぽぽの根っこには水分代謝を活発にするイソクエルシトリンが含まれているので、産後のむくみを解消する効果が期待できます。

また、たんぽぽには鉄分・ミネラル・ビタミンなど、乳腺の発育に不可欠である女性ホルモンの分泌を促す成分が含まれているため、母乳の出が良くなるという効果も。たんぽぽの利尿作用で体内の老廃物を排出されることによって乳腺詰まりが改善されるため、乳腺炎の防止にも繋がります。

母乳の量と食べ物の関係性については、はっきりとした調査結果はありません。それでも母乳外来や助産師さんからたんぽぽ茶をおすすめされることが多いのは、それだけ母乳が出やすくなったと実感するママが多いということではないでしょうか。

たんぽぽ茶で完母を目指した先輩ママさんの声を調査

たんぽぽ茶って、どんな味ですか?

私はコーヒーや紅茶が飲めないのですが、それでも飲めますかね?

ちなみに、どこに売ってるのでしょうか?お茶専門店とかですか?

コーヒーよりは薄いけど、紅茶の煮出したのよりは苦いという感じです。カフェインが入ってないので、コーヒー代わりにといううたい文句ですが、コーヒーという感じではありません。

慣れたらおいしいです。母乳がよく出ると聞いたので、飲んでいました。

【引用元】Yahoo!知恵袋:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1039958495

タンポポ茶(タンポポコーヒー)で母乳は増えましたか?

3ヶ月のチビを混合で育てています。

完母にしたいって程ではありませんが、母乳の割合を増やしたいということと、授乳中はコーヒーが飲めないので代用したいので、購入検討中です。

もちろん食事なども気をつかってますが、飲み物が麦茶中心で飽きてきましたし、アイスコーヒー感覚でスカッとしたいんです(>_<)

飲んで効果あった方、ない方も教えて頂けると有難いです。

また、味やオススメ等もあれば合わせてお願いします。

タンポポコーヒーは私にとっては手放せないものです。
でも、アイスで飲んじゃ意味ないですよ!

タンポポコーヒーをホットで飲むから体が温まって母乳の出が良くなるみたいなもんです。

加えて血液サラサラ効果があるから母乳に良い、みたいな。
まさか、麦茶も冷やしてガブガブ飲んでました?だとすると体が冷えて母乳の出も悪くなるってもんですよ。

私のお気に入りはリケンのたんぽぽコーヒーです。粉末状になっていてほんのり甘くて、ノンカフェインコーヒーとブレンドして毎食後飲んでます。
ティーパックタイプのものはいかにもお茶、と言う感じ。出してるメーカーによって味が全然違うので、色々試してみては??
でも、ホットで飲んでくださいね。

【引用元】Yahoo!知恵袋:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1269168012

タンポポ茶でオススメのメーカーはどこですか?

母乳育児のため、購入を検討しております。
安くて、美味しくて、栄養がタップリのタンポポ茶があったら教えてください。

セコイ条件ばかりですみません。

いろいろ試した結果、ティーライフのタンポポ茶が一番飲みやすかったです。

値段も2000円ほどなので粉ミルク代より全然安いですね。

30日間の全額返金保証もおこなっているのでリスクなく試飲できますよ。
しかも、返品のための送料、手数料も出してくれます。

賢く、頭の良い子供に育てるためにも母乳育児はかかせませんのでタンポポ茶を飲んで一緒に頑張りましょう^^

【引用元】Yahoo!知恵袋:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10100984380

母乳不足に悩んでいるママはどれくらいいる?

「母乳で育てたい」と思っているママはおよそ9割にのぼります。対しておよそ7割が母乳不足を感じているそうです。

「母乳が足りていないのでは?」という不安がストレスとなって母乳が出にくくなることもありますが、「足りないかも」と思い込んでいただけで、少しずつ量が増えてくるケースがほとんどです。

また、実際に母乳の量が足りないからといっていきなりミルクに切り替える必要はありません。初めは母乳を飲ませて足りない分をミルクで補うという混合授乳という方法もあります。何よりも大切なのは、ママが心の余裕を持つことです。

哺乳瓶メーカーのアンケートで母乳不足と感じたママが試したことをチェック

「もしかして、母乳不足?」と感じたときって一体どうすればいいの?そうお悩みのママも多いのではないでしょうか。

こちらでは哺乳瓶メーカーCombiが行ったアンケートをもとに、母乳不足と感じた先輩ママたちがどんな対策を行ったのかをまとめました!

母乳不足の解消方法は一つではありません。色々試してみて、自分にあった方法を見つけてくださいね。

ミルクを活用した

アンケートの中で一番多かった答えが「ミルクを活用する」でした。母乳が出ないことをストレスだと感じないように、すぐミルクに切り替えたという声も。また、最初からミルクを飲ませつつ赤ちゃんが上手に吸えるようになってから完母に切り替えたママもいて、ミルクを活用する目的はさまざまでした。

食事や飲み物に気をつけた

授乳期には食べ物に気をつけたと答えたママも多く、全体のおよそ20%にのぼりました。食生活に気を配るのは母乳の質を上げるためでもありますが、母乳を運ぶ乳腺が炎症を起こす「乳腺炎」を防ぐためでもあります。また、身体を温めるためにたんぽぽ茶などのハーブティーを飲んだという声もありました。

ストレスをためないように心がけた

「母乳が足りていないのでは?」と不安に思うことがストレスになって、よけい母乳が出なくなるという悪循環に陥ってしまうことも…。そんな時にはたっぷり睡眠を取ったり、お風呂に浸かったりして身体と心をリラックスさせましょう。

育児は授乳だけではありません。赤ちゃんとの触れ合いを少しでも「楽しい」と感じられるように、自分にあったストレス解消方法を見つけてくださいね。

>>たんぽぽ茶のその他の嬉しい効果をチェック<<

たんぽぽ茶の正しい飲み方をレクチャー

たんぽぽ茶は少し苦みを感じて飲みにくいという方は、水の割合を増やして薄めに淹れてみると良いでしょう。ミルクや豆乳で舌触りをまろやかにし、ハチミツや黒糖を少し入れて甘みを加えるとミルクティーのような味わいになっておいしくいただけます。育児の合間に、自分へのちょっとしたご褒美として味わうにはもってこいですね。

たんぽぽ茶を飲むうえでの注意点

さまざまな効能が期待できるたんぽぽ茶は、体質改善のために飲むものです。そのため、1度にたくさん飲むよりも毎日1~3杯ずついただく方がより効果が高まります。たんぽぽ茶は、できるだけ毎日飲むようにしてくださいね。

たんぽぽ茶を淹れる時には、お湯で淹れましょう。お湯でないとたんぽぽ茶に含まれる成分がうまく溶けだしません。アイスで飲みたい場合でも、一度はお湯で入れてから冷まして飲んでくださいね。

たんぽぽ茶は副作用がある?

たんぽぽ茶に副作用はあるのでしょうか?授乳中にたんぽぽ茶を飲みたいと思っている方にとっては気になりますよね。

たんぽぽ茶はハーブティーの一種なので、大きな副作用は報告されていません。利尿作用があるためトイレが近くなってしまうことがありますが、それだけ身体に溜まった老廃物をデトックスしてくれているということです。

ただし、たんぽぽアレルギーをはじめブタクサや菊などキク科の植物アレルギーを持つ方は飲むのを控えましょう。また、たんぽぽ茶は胆汁分泌を促進する働きがあり肝臓を元気にしてくれますが、胆道閉鎖や胆嚢炎、閉塞性イレウスを患っている方が飲むと症状が悪化する恐れがあります。肝臓疾患に限らず、病気を抱えている方は必ずかかりつけの医師に相談してくださいね。

ピッタリのたんぽぽ茶の見つけ方

こちらでは、完母育児を目指すママに向けて、失敗しないたんぽぽ茶の選び方をご紹介しています。「たんぽぽ茶に興味はあるけど、どれを選べばいいの?」と悩んでいる方はぜひご覧ください!

母乳の質を高めるために飲むものですから、やっぱり安全性は外せないポイント。

また、たんぽぽ茶は毎日飲んだ方がより効果的なので、できるだけ続けやすい価格の方が嬉しいですよね。

たんぽぽ茶と一口に言っても何がブレンドされているのかによって効能が変わるので、たんぽぽ根のほかに何が配合されているかもチェックしましょう。

何より毎日飲むお茶なので、おいしく飲み続けられる味かどうかも大切です。まずは少しだけ買ってみて、自分のお気に入りのたんぽぽ茶を見つけてくださいね。