第2位たんぽぽコーヒー(AMOMA)

第1位たんぽぽ茶ブレンド(ティーライフ)

第3位たんぽぽコーヒー極上(たんぽぽ堂)

たんぽぽ茶で貧血を予防しよう!

たんぽぽ茶は貧血の原因「鉄分不足」の改善や予防に効果的

貧血の女性

ご存じの通り、貧血の原因として挙げられるのは、「鉄分不足」です。貧血気味であることを自覚して、鉄分を多く含む食事をとるように意識しているという人も多いでしょう。

正確には、体内に酸素を運ぶ役割をもつ「ヘモグロビン」が不足することで貧血の症状が起こるのですが、鉄分はこのヘモグロビンに重要な材料なのです。

そこでおすすめしたいのが、たんぽぽから作られた「たんぽぽ茶」です。

たんぽぽ茶には鉄分が豊富に含まれているので、鉄分補給に適しています。

しかも、カルシウムやミネラルなどほかの栄養素も含まれており、ビタミンも摂取できるほか、ノンカフェインであるという点も魅力的です。

特に妊婦さんには、たんぽぽ茶がぴったりです。

妊娠中は貧血や栄養不足になりやすい

もともとは貧血ではなかったのに貧血気味になってしまう原因として、「妊娠」が挙げられます。

妊娠中は、子宮内に胎盤を作ったり、赤ちゃんにどんどん栄養を送ったりしなければならないので、妊娠していない状態よりも多くの鉄分を必要とします。

ですので、妊娠する前と同じ量しか鉄分を摂取しないと、当然ながらあっという間に鉄分不足になってしまうのです。[注1]

そのほか、つわりによって十分な食事ができず、栄養を補給できないために鉄分不足になったり、妊娠によって血液内の栄養が少なくなることで貧血が起こりやすくなります。

上記のように、妊娠中はつわりがひどく十分な食事が取れないこともありますし、カロリー過多にならないよう注意しなければならないので、思うように食事から鉄分を摂取できないこともありますよね。

また、妊娠中に貧血になると、病院で鉄剤を処方してくれることもありますが、鉄剤の服用は便秘を引き起こすこともあるので、できれば避けたいと考える妊婦さんも多いようです。

でもたんぽぽ茶なら、飲み物として簡単に鉄分を摂取することができるので、なるべく身体の負担をかけたくない場合におすすめだといえます。

また、妊娠初期から妊娠中、そして出産後の授乳期にかけて、お母さんの体はたくさんの水分を必要とします。

妊娠中にはカフェイン入りの飲み物の摂りすぎは良くないこととされていますが、たんぽぽ茶にはカフェインが含まれていないため、好きなだけ飲むことができます。

ノンカフェインで、鉄分をはじめとする栄養素が豊富なたんぽぽ茶が、妊娠中の貧血改善などの体調管理に役立つでしょう。もちろん、普段から貧血気味の人にもおすすめです。

[注1]日本医科大学衛生学教室:妊娠貧血の成因に関する研究[pdf]